インドカレー屋さんで学んだ「愛嬌」の重要性

Spread the love

こんにちは、ハルです!

先日大好きなインドカレー屋さんに
行ってきました。

めっちゃナンでかくないですか?!笑

 

このインドカレー屋さんは大きなナンと
本格的なカレーが大人気のお店で
2年ほど前に知ってから何度も足を運んでいるお店です。

 

人気店だけあって、料理が美味しいのは
もちろんなんですが…

私が何度もこのインドカレー屋さんに
足を運ぶ理由って、料理が美味しいだけじゃないんです。

 

正直、このインドカレー屋さんは
私の家の近所にあるわけじゃありません。

 

そこそこ遠いんです。

 

でもインドカレーを食べようと思ったら
家の近所にも美味しいインドカレー屋さんはあるんです。

 

では、なぜ近所のインドカレー屋さんではなく
遠くのインドカレー屋さんにわざわざ行くのかというと…

 

ここのインドカレー屋さん、
店員さんがとにかくチャーミング!♡

 

カタコトの日本語ながら
ジェスチャーも交えて愛嬌たっぷりに
接してくれるんです。

 

それがなんだか可愛くて
思わずこちらも笑顔になってしまうんですよね。

 

私が何となくキッチンの方を覗けば
二ヤ~っと笑みを浮かべながら
ナンをクルクルと回してくれます。笑

 

そういったところがとにかく気に入って
「なんかカレー食べたいなー」
と思ったらついつい電車を乗り継いででも
行っちゃうんですよね。

 

そして、店員さんの愛嬌に魅了されて
ついつい通っちゃう自分を客観的に見て

やっぱり「愛嬌」が人を引き付ける力
ってすごいよなぁ・・・!
と思うんです。

 

だって同じレベルの料理(サービス)を
提供するお店は他にもたくさんあるのに
時間を割いて、手間をかけてでも
「行きたい!」と思わせる力があるんですから。

 

メンズエステでも同じことが言えますよね!

 

どこのお店もオイルトリートメントという
同じようなサービスを提供しているけど
セラピストによってお客様が
「通いたい」と思うかどうかは大きく分かれる。

 

そして、やっぱり「愛嬌」のある人って
お客様の「また行きたい!」を引き出す力が
強いと思うんですよね。

 

どこでどんなお仕事をするにしても
愛嬌ってやっぱり必要ですね!

 

―――――――――――――――――――――――
【Haru作成人気の教材】

私は22歳に初めてメンズエステセラピストとしてデビューしました。

当時の私は何もわかっていなくて、誰一人としてリピートしてくれるお客さんはいませんでした。
たぶん当時のお店でも唯一のリピーターゼロセラピストです。。苦笑

 

そんなスキルも才能もないダメダメセラピストだった私でも、学びを積み重ねることでリピーターで予約が一瞬で埋まる人気セラピストになることができました。

 

そして今、セラピスト時代の経験を活かして講師としてのお仕事や、セラピストに向けた情報発信を行っています。

坊主続きの毎日だった私が、気づけば月に50~70万を当たり前に稼げるセラピストになり、収入もやりがいも増えました。

今が一番楽しいですし、毎日が充実しています!

 

そんな私が身につけた接客術を講座にして、メルマガ読者さんには無料でプレゼントしています。
すぐに使えて効果的なマインドやテクニックを詰め込んでいます。

・もっと稼げるようになりたい!
・もっと人気になりたい。本指名を増やしたい!
・接客スキルをつけたい!

というセラピストさんは是非無料のメルマガ登録をしていただき、接客講座を受講してみてください。
↓クリックでページに飛びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です