『お客様』と『ただの営業妨害客』の違い

Spread the love

こんにちは、ハルです!

 

今日のブログはもしかしたら
見ていて不快に思われる男性の方もいらっしゃるでしょう。

 

ただ、最近あまりにも
「お客様」ではなく「ただの営業妨害客」
多くなってきている傾向があり、
それが原因で被害に遭うセラピストやお店が増えているので
今日はそういう内容を書きたいなと思いました。

 

お客様はメンズエステに行かれるとき
『もしかしたら何かあるかも…?(/・ω・)/』
という期待を持ちつつ行かれる方が多いと思います。

 

それはそうですよね。
私が男でも、そりゃ期待しますよ。

 

でも、近年、
「何かあったらいいな」が
「何もないのはおかしい」というような
自己中心的な考えを押し付ける方が増えているように思います。

 

「これだけの金額払ってんだから、ヌキくらいやれよ!」
と、平気で言ってくる方もいます。

 

正直、そういった方はお店にとってもセラピストにとっても
ただの営業妨害でしかありません。

 

焼肉屋さんで「お寿司ください」と言っても
出てくるはずないですよね。

そもそも提供してないんだから
出てこなくて当たり前です。

 

寧ろ、こちらからしたら、
「焼肉屋さんなんだから肉を食べろよ」と思うわけです。

 

セラピストは
『性的サービスは無い』
というルールのもと働いています。

 

お客様も当然
そういうルールを理解した上で
利用しなくてはいけません。

 

私は現役の時、そういったルールを無視して
営業妨害をする方をとことんNGや出禁にしてきました。

 

働いていたお店の運営の人に笑いながら言われたのですが
「いろんなセラピスト見てきたけど、出禁にさせたお客さんはあなたが断トツで多いよ。笑」と。

 

圧倒的にNGや出禁率が高かったそうです。
そして、「他の子はだいたい我慢してる。」と言うのも聞きました。

 

でも、できないサービスを強要されて
我慢しながら嫌々働いたところで
いい接客なんてできないし、
心をすり減らしながら働くのって絶対に違うなと思っていたので、

 

我慢や遠慮をせず、全部自分基準で判断して、
本当にいいお客様だけを
大切に大切に育ててきました。

 

私の中で「お客様」と「ただの営業妨害客」は
はっきり線引きしています。

 

本当に大切にすべきお客様は
過剰サービスの要求などしてきません。

または、冗談まじりに過剰サービスを
要求するようなことはあっても
決して強要はしませんので、
それはセラピストが上手くかわせばいいだけです。

 

『お客様』はルールを守って
スマートにサービスを受けて帰られます。

 

『営業妨害客』はルールを無視して
自分の欲求ばかりを押し付けてきます。

 

そこには大きな違いがあります。

 

今の状態が当たり前になり、加速化すると
メンズエステはいずれ「風俗」と言われるようになるでしょう。

 

そうなると、この業界の終わりは近いでしょうね。

 

セラピストのみなさんは
我慢して許すことなんてしないでいいんですよ。

 

寧ろ、我慢しちゃダメです。
絶対にお店に報告して、対策を取ってください。

 

お客様を「選ぶ」ということは
セラピストにとっても、お店にとっても

本当に大切なことです。

 

では、今日はこのへんで!
ハルでした。

―――――――――――――――――――――――
【Haru作成教材!ご好評いただいてます】
(↓クリックでページに飛びます)

 

私は22歳に初めてメンズエステセラピストとしてデビューしました。

当時の私は何もわかっていなくて、誰一人としてリピートしてくれるお客さんはいませんでした。
たぶん当時のお店でも唯一のリピーターゼロセラピストです。。苦笑

 

そんなスキルも才能もないダメダメセラピストだった私でも、学びを積み重ねることでリピーターで予約が一瞬で埋まる人気セラピストになることができました。

 

そして今、セラピスト時代の経験を活かして講師としてのお仕事や、セラピストに向けた情報発信を行っています。

坊主続きの毎日だった私が、気づけば月に50~70万を当たり前に稼げるセラピストになり、収入もやりがいも増えました。

今が一番楽しいですし、毎日が充実しています!

 

そんな私が身につけた接客術を講座にして、メルマガ読者さんには無料でプレゼントしています。
すぐに使えて効果的なマインドやテクニックを詰め込んでいます。

・もっと稼げるようになりたい!
・もっと人気になりたい。本指名を増やしたい!
・接客スキルをつけたい!

というセラピストさんは是非無料のメルマガ登録をしていただき、接客講座を受講してみてください。
▼クリックでページに飛びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です